スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005'09.18 (Sun)

【mabinogi】マビとウルトラ怪獣の関係

 出勤途中にふと車道を見たら、某バイク便のロゴが入ったバイクがのろのろ通り過ぎていきました。わりとよく見かけるバイク便でしたが、乗ってるヒトは見た事もないような(横に)巨大なヒトでした…。いくらスピード宅配と言われても、あれじゃ正直信用できません…。

 仕事がらみでウルトラ怪獣の一覧(名前だけ)を見ました。
今さらだけど、ほんとに沢山いるんだね~。全く見た事ないけど名前だけ知ってるレッドキングは『どくろ怪獣』らしいです。ぜんぜんヴィジュアルわからないけど、予想では赤くなったゴジラみたいな外見で、ウルトラマンに対抗して胸に髑髏マークが入ってるんじゃないかと!
ホタルンガというのは『大ほたる怪獣』だそうで、ずいぶん短命そうな名前がちょっと切ない系ですね。オカリヤンは『ふえふき怪獣』…正直いって彼は陽気なだけで、悪気があって怪獣やってるわけじゃないと思います。サウンドギラーは『騒音超獣』だそうです。今だと(ちょっと古いけど)布団を叩きながら「さっさと引越し~!」と歌いつつ安室奈美恵の曲を流してたヒトがソレかもしれないですね!
 そんなウルトラ怪獣の中に「ダンカン」さんがいましたよ。そう、ティルコネイルの村長さんですよ。彼は『発泡怪獣』らしいです。ダンカンさんと言えば『成人式』クエスト。20歳になったら来なさいと呼びつけておいて、ちょっとの経験値と花束しかくれないケチなおじいさん。
だけどしょうがないんですよね、Oβの時は沢山いた冒険者たちがどんどんダンバートンに移ってしまって、ティルコネイルはきっと財政難なんですよ。なんとか皆を呼び戻そうと『成人式』クエストをばらまいてみても、お金がないから花束くらいしかあげられない。しかも冒険者たちは貰った花束を即ダンカンに売ってしまうわけで、ダンカン村長の心の傷はそうとう深いのです。
疲れきった村長は、酒で気持ちを紛らわせようと、ビールを買いに食料品店に寄ります。しかし酒税増税によりビールは値上がりしていて、村長のポケットマネーでは、発泡酒しか買えなかったのです。
…もうわかりますね。発泡怪獣ダンカンは、発泡酒でがまんしなければいけないという怒りと悲しみ、そしてそれでも冒険者達を怨みきれない村長の優しさから生まれたのです…!

…と、ここまで一気に書いてみて思い出しました。私が最初の会社に入れた理由…それは、作文問題で『問題の意味をまったく取り違えてるけど、答えを堂々と(しかも完璧に?)書き切ったところが面白くて』だったことを。うん。自分でも問題の意味がわかってない自覚はあったんだ。けど白紙で出すより間違った事でもめいっぱい書いておいたほうがいいかなって…。ちなみに某大手建設会社で設計をやっている同級生のHちゃんは、採用された理由を上司にきいたところ『1人だけ上下真っ白のリクルートスーツを着ていて、とっても変わった子だなぁと思ったから』と言われたそうです。個性…だいじだよね!?
スポンサーサイト
Edit  |  15:54  |  マビノギ(日常)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。