スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006'01.01 (Sun)

ミレナリオ。そして友達との再会!?

 今年で一旦休止と聞いたので、久しぶりに東京ミレナリオ観に行ってきました。夜だし寒いしもう…おしるこでもないとやってられなーい! と思って、どこかにおしるこの屋台でもないんですか!? ときょろきょろしながらオフィス街を歩いていたら、丸ビルの中に人だかりが。1Fの広場に楽譜立てや椅子なんかがセッティングされていて、なんだかオーケストラでもやりそうな感じです。ポスターを見てみたら、11時から『丸の内女声合唱団による第九』をやるみたい。時間といい、全面ガラスの壁の向こうはミレナリオの入り口(?)というナイスなシチュエーションといい、これはもう、カウントダウンイベントってことですね! 12時までやることもないし、反対するヒトもいなかったので観て聴いてきました。
 でもでも、ひとつ困ったことが。11時過ぎに合唱団の入場が始まったのはいいのですが、集まった観客のほとんどが身内だったみたいで、いっせいに手をふったり写真とったりしてるわけです。誰も知り合いのいない私はどうすれば!? とわたわたしていたら、合唱団代表でインタビューを受けているよね○○さんという女の子、私の高校時代のクラスメートにそっくりです。

よね…うちら、友達だよね?

勝手に友達認定して、よねを応援してきました。

合唱はすごくがんばってる感が伝わってきて、いいかんじでした。
それより華麗なステップを踏む指揮者が気になって大笑いしてたなんて…内緒です。
あ、いえ別に面白かったわけじゃなくて、熱意が伝わってきてすごい良い指揮者でした!吉田裕史さんという方で、今年イタリア・ルッカのジーリオ歌劇場 主席常任指揮者をつとめるのだそうです。日本でお目にかかる機会があったら、今度はぜひプロのオーケストラとの競演を見てみたいです。

 さて、メインのミレナリオはというと…
ミレナリオ

こんなかんじでした。

どこまでも続く光のアーチ。そして両脇に連なるアーバンなビル。ビデオカメラ片手にはしゃぐ中国人! ケンカしてるカップル! そしてお雑煮の屋台!

…おしるこはどこー!?


 観終わって地元に戻ってきて、ふと駐車場の隣のチケットぴあを見たらよねが…じゃなくてよねに似てるという友達の名前を見ました。地元のライブハウスの前売りチケットコーナーのところで。。
本人? それとも同じ名前の他人? どきどきしながらネットで検索して顔写真を見たら、やっぱり本人でした…!
学生の時すでににオーストラリア(?)のドラッグ・クイーンのイベントに参加しちゃうくらい変わった子だったけど、そのまま大人になったんだなぁってちょと羨ましくなりました。そんな年明けでした。
スポンサーサイト

テーマ : 年末年始 - ジャンル : 日記

Edit  |  02:55  |  マビノギ(ストーリー)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。