スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006'03.07 (Tue)

【Mabinogi】トレジャーハンター フリスの手記

 私の名はフリス。普段はお針子として生活しているが、『カウガール』フリスといえば、ここ2、3日前から半径2メートル以内では有名だ。今日はそんな仮の姿を捨て、本業のトレジャーハンターとして、ここルンダダンジョンへやってきた。

ルンダ探検隊

 ルンダダンジョン探検隊の隊長は、『赤い伝説』の二つ名を持つフォルナンド。ちなみに転生してレベルは9。このダンジョンの最下層に眠る宝を発見する頃には、かなりレベルアップすることが予想される。部下達の間からは、レベル上げに来たのではないかという不満の声も上がっているが、だからといって探検に何の支障があるだろうか? むしろ、ダンジョンに来て何の経験も得られない者のほうが珍しいだろう
 ルンダダンジョンを進む私たちの前には、様々な敵が立ちふさがった。中でも一番やっかいなのは、3株から成るハーブだろう。ひとたび手を出せば、枯れるまでむしり取らずにはいられない習性を利用し、私たちのスタミナと時間を消費させる悪質かつ巧妙なトラップだ。道ばたに捨てられた猫がいたら、抱き上げずにはいられないのと同じように、薬草を見たらむしり取らずにはいられない。私たちは、スタミナと時間を惜し気もなく消費してしまった。不運なことに、私たちはたいへんな猫好きだった。
 ハーブトラップにより予定が大幅に狂った私たちは、急いで最下層を目指した。ボスを倒し、宝箱を開けると、出てきたのは『便利な』しっぽ帽子だった。部下達は不満なようだが、私たちはレベルが上がったのでとても満足だ。やはりレベル上げだったのかという質問には答えられない。トレジャーハンティングにおいて、自分で答えを探す事こそがジャスティスなのだから

ボスと対決

 無事ダンバートンへ帰還した私たちを、次のミッションが待ち受けていた。このミッションは崇高かつ高邁な探究心によってのみ達成が可能であり、現在においては評価されるのが大変難しいと思われた。しかし、そう遠くない未来において、私たちの偉業は評価されるだろうし、現時点では無意味だという点において、評価と呼ぶにふさわしい笑いを取れるだろう。『笑い』というのはたいへん重要である。大脳生理学的にも、キャラの方向性においても。

護衛とともに

 私たちは2人の護衛を雇い、そう遠くない場所へ向かった。黒オオカミとタヌキへの警戒を護衛に任せ、つるはしを振るう。
ほどなくして、何かが地中から現れた。長方形の大きな石だ。掘れば掘るほどに、いくらでも出てくる。これはやはり、あの噂は本当だったようだ。新たな発見を目の前に、私たちの心は踊った。メイキング6にも関わらずつるはしを持つ手が滑っても、私たちは掘るのをやめなかった。確立とは所詮、運であることを、経験的に皆知っていたのだ。

ストーンサークル

 地中から現れたのは、ストーンサークルだった。だれが、何のために造ったのかは謎に包まれたままだが、こうして中心に座ってみると、ふしぎと心が高揚してくるのを感じた。これが、ストーンサークルのパワーなのだろうか。

とつぜん…!

 と、突然、2人の護衛がお互いに剣を突き付けたではないか。よく見ると、姿も変わっているようだ。それぞれのペットも、主人を守るように相手を牽制している。これは、ストーンサークルのパワーが人体に影響を及ぼすということなのだろうか? まわりの動物たちも、不思議な光を放ち、護衛たちの戦いを見守っている。なにか、神聖な儀式を見ているようだ…。

テイム

 その後、護衛たちは急に正気に戻り、あたりは何ごともなかったように静寂を取り戻した。原因を究明したいという欲求にかられたが、私はそろそろ眠りにつかねばならなかった。短い時間だったが、今日はとても意義のある1日を過ごしたと思う。エリンの歴史に新たな1ページを刻むことが出来たかどうかは、後世の人々にしか分からない。私に分かることは、今日はどう考えても4時間しか寝られないということだけだ。
(ちなみに、隊長のブログには、その後、万里の長城を見つけたという事が報告されている。ぜひ見て頂きたい)
 最後に、さいきん針仕事をさぼっているのではないかと言われる前に、言っておこう。

すべての道がローマに通ずるように、お針子に通ずる道もまた、一つではない、と。
スポンサーサイト

テーマ : マビノギ - ジャンル : オンラインゲーム

Edit  |  13:39  |  マビノギ(日常)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

Comment

素晴らしい!!!!!11!1

ここは素晴らしいブログですね!
私も探検に加わりたいところですがフラフラと何かにおびき寄せられるように歩いていってしまうのでダメですね!
残念!!

それにしても…隊長と2人一緒にいるとまさにトレジャーハンターですねフリスさん。
そして私は愛のトレジャーハンター。
せり | 2006年03月10日(金) 01:13 | URL | コメント編集

これはようこそ愛のトレジャーハンターせり様。
愛をハントするなんて、
さすがせり様、えろ…
いえ、なんでもありません。
隊長にフラフラとおびき寄せられていらっしゃると
いいと思いますよ。
万里の長城でも赤クモタイマン(サンダー5チャージ)でも
きっとせり様の望む面白い…いえ、
ステキなものを見せて下さるはずです。
フリス | 2006年03月11日(土) 13:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。